top›障害年金の基準障害、併合改」、併合認定

障害年金の基準障害、併合改定、併合認定

<広告>

<広告>

すでに先発障害を持つ人に、新たに後発障害が発生する場合ですが、この場合複数障害に対して複数分の障害年金を支給するのではなく、前後の障害 を併合して一つの障害として支給されます。

その組み合せとして次の例のような3つのパターンがあります。

まず先発障害が3級で、それに軽度な後発障害が加わり、併合して初めて2級のパ ターンです。

併合して初めて2級になるきっかけとなった後発の障害を「基準障害」 といい、65歳になるまでに該当するとき請求によって障害年金が支給されます。 この基準障害は、事後重症と異なり、請求は65歳を過ぎても可能です。

そして請求 をした後に支給される点や、老齢基礎年金を繰り上げて受給するときは請求する ことができない点、などは事後重症の制度と同じです。

次のパターンは、先発障害がすでに2級でこれに軽度な障害が加わり、すでに受給 している年金よりも障害の程度が増進したときです。このケースでは両者を併合して 額を改定し、1級の障害年金を支給します。これを「併合改定」ともいいます。

最後は、先発障害が2級で後発障害も2級の場合です。このときは前後を併合して 新しく1級の障害を認定し、従前の受給権を消滅させます。これを「併合認定」とも いいます。以上が複数障害の併合のパターンです。

<広告>

60歳からの年金コラム
公的年金(国民年金、厚生年金、共済年金)の役割 妻の年金は夫の職業に左右される 専業主婦の年金はオトク サラリーマンや自営業者の2階建て年金
サラリーマンや公務員の3階建て年金 負担に見合う年金給付 年金給付の基本 年金給付のルール
年金は60歳で請求しよう 年金を貰うための25年ルールと特例 年金資格の取得・喪失 年金保険料納付済み期間
年金保険料免除期間 年金の「カラ期間」とは 60歳以上65歳未満の人は国民年金に任意加入できる 厚生年金の70歳からの年金任意加入
60歳、退職後の健康保険 老齢厚生年金の特別措置、60歳からの特別支給 老齢厚生年金は定額部分と報酬比例部分の2本建て 共済年金の職域加算
ねんきん定期便で年金見込額を確認 老齢厚生年金の被保険者期間とは? 老齢厚生年金の平均標準報酬月額とは? 老齢厚生年金の平均標準報酬額とは?
老齢厚生年金の給付乗率とは? 老齢基礎年金の計算の分母 老齢厚生年金の計算 老齢厚生年金の移行差額
老齢厚生年金の法定額と従前額 老齢厚生年金の加給年金 国民年金制度のあゆみ 国民年金の支給開始年齢の推移
老齢基礎年金の振替加算 老齢年金には税金がかかる 60歳以降も働き続ける人は在職老齢年金 60歳以上65歳未満の人の継続雇用の支援
年金の在職支給停止されない働き方 60歳から老齢基礎年金を受け取る 60歳から老齢基礎年金を受け取ると落とし穴がある 老齢基礎年金の一部繰り上げ
無年金対策としての老齢厚生年金の繰り上げ 長生きする人は老齢基礎年金の繰り下げ 老齢厚生年金のの繰り下げ 遺族厚生年金の受給権
失業と求職と年金 年金と失業給付ではどちらがお得? 年金と失業給付、基本手当日額と給付日数のしくみ 失業給付で支給停止された年金の事後精算
60歳以上の高齢者の雇用継続支援 基本給付金と再就職給付金 高年齢雇用継続給付、一方で在職年金の一部減額 高齢者雇用、65歳定年制に向けて
障害年金の認定 障害年金の受給条件 障害認定日の翌月から障害年金が支給される 障害基礎年金と障害厚生年金
障害厚生年金は3級もある 妻と子に支給される障害年金の加算 障害基礎年金の特例 65歳の前日までは適用される障害年金の事後重症
障害年金の基準障害、併合改定、併合認定 障害年金の支給停止と受給権の消滅 障害厚生年金と他の給付との調整 サラリーマンの妻と学生の障害基礎年金を救済
妻の遺族年金 遺族基礎年金 寡婦年金と死亡一時金 遺族厚生年金の受給の範囲と順位
妻の死亡と遺族年金 未支給年金 遺族年金の支給停止と受給権の消滅 在職中と年金受給中の厚生年金受給の違い
遺族厚生年金に加算される中高齢寡婦加算 65歳からの経過的寡婦加算 65歳からの遺族厚生年金 遺族厚生年金と遺族共済年金
遺族年金の請求もれに注意 年金の財産分与、離婚分割 年金分割によって得た期間の扱い 年金分割の三号分割
離婚分割と三号分割の並存 遺族年金と年金分割 年金目減りの3つの原因 60歳以降も働いて給料と年金と雇用保険からの給付金の3つの収入を得る
年金の増やし方 年金を担保に融資を受けることができるか?    

<広告>

<広告>