top›妻の年金は夫の職業に左右される

妻の年金は夫の職業に左右される

<広告>

<広告>

昭和60年の年金改正によって、日本に住む20歳以上60歳未満の人は被用者年金加入者も含めて国民年金に加入し、全員が「基礎年金」を受け取ることになりました。

被用者年金加入者は二つの制度に同時加入することになるため、基礎年金と同時にその上乗せ年金を受給します。自営業者などは国民年金のみの加入となるため、受け取る年金は基礎年金だけです。

このしくみを維持するために、被保険者は当然保険料を負担するのですが、自営業者などとその妻は国民年金保険料をそれぞれ個別に負担します。

一方、被用者年金加入者が負担する保険料は労使折半ですが、その中には国民年金保険料が含まれており、サラリーマンが所属する年金制度から一括して拠出金として払い込まれるのです。

20歳以上60歳未満のサラリーマンの妻も国民年金に強制加入となりましたが、こちらは自営業者などの妻と異なり、個別に保険料を負担しないで夫の所属する制度全体で負担します。その中には独身者も共働きの夫婦も含まれています。

そこで、国民年金保険料の負担のあり方の違いなどによって、国民年金の被保険者を3つのタイプに区分し、第一号被保険者、第二号被保険者、第三号被保険者と呼んでいます。

自営業者、農業者などとその妻、無業者などが対象で、第二号被保険者または第三号被保険者でない人が第一号被保険者です。20歳以上60歳未満の人が加入しますが滞納期間などがあって受給資格を満たすことができない場合には、70歳まで任意加入できます。

またこの第一号被保険者には保険料免除制度があり、障害基礎年金受給者などは法定免除されます。保険料負担が困難な人が申請すれば、その程度に応じて全額免除、3/4免除、半額免除、1/4免除を受けることができます。

被用者年金加入者は国民年金に同時加入するため厚生年金、共済年金加入者であると同時に国民年金第二号被保険者となります。ただし、65歳以上ですでに老齢基礎年金の受給資格期間を満たしている人は、第二号被保険者から除かれます。しかしこの人たちも厚生年金や共済年金の加入者であることに違いはありません。

主として第二号被保険者(夫)の収入によって生計を維持する人(妻)で20歳以上60歳未満の人が当てはまります。第三号被保険者として認定されるためには、年収130万円未満などの条件がありますが、健康保険の被扶養配偶者となっている人は運用上、第三号被保険者と認められます。第三号被保険者は個別に直接保険料を負担しませんが、届け出を怠ると未納期間とされます。

以上のことから、第一号被保険者の妻は第一号被保険者、第二号被保険者の妻は第三号被保険者となり、同じ妻であっても年金の扱いは異なってくるのです。

<広告>

60歳からの年金コラム
公的年金(国民年金、厚生年金、共済年金)の役割 妻の年金は夫の職業に左右される 専業主婦の年金はオトク サラリーマンや自営業者の2階建て年金
サラリーマンや公務員の3階建て年金 負担に見合う年金給付 年金給付の基本 年金給付のルール
年金は60歳で請求しよう 年金を貰うための25年ルールと特例 年金資格の取得・喪失 年金保険料納付済み期間
年金保険料免除期間 年金の「カラ期間」とは 60歳以上65歳未満の人は国民年金に任意加入できる 厚生年金の70歳からの年金任意加入
60歳、退職後の健康保険 老齢厚生年金の特別措置、60歳からの特別支給 老齢厚生年金は定額部分と報酬比例部分の2本建て 共済年金の職域加算
ねんきん定期便で年金見込額を確認 老齢厚生年金の被保険者期間とは? 老齢厚生年金の平均標準報酬月額とは? 老齢厚生年金の平均標準報酬額とは?
老齢厚生年金の給付乗率とは? 老齢基礎年金の計算の分母 老齢厚生年金の計算 老齢厚生年金の移行差額
老齢厚生年金の法定額と従前額 老齢厚生年金の加給年金 国民年金制度のあゆみ 国民年金の支給開始年齢の推移
老齢基礎年金の振替加算 老齢年金には税金がかかる 60歳以降も働き続ける人は在職老齢年金 60歳以上65歳未満の人の継続雇用の支援
年金の在職支給停止されない働き方 60歳から老齢基礎年金を受け取る 60歳から老齢基礎年金を受け取ると落とし穴がある 老齢基礎年金の一部繰り上げ
無年金対策としての老齢厚生年金の繰り上げ 長生きする人は老齢基礎年金の繰り下げ 老齢厚生年金のの繰り下げ 遺族厚生年金の受給権
失業と求職と年金 年金と失業給付ではどちらがお得? 年金と失業給付、基本手当日額と給付日数のしくみ 失業給付で支給停止された年金の事後精算
60歳以上の高齢者の雇用継続支援 基本給付金と再就職給付金 高年齢雇用継続給付、一方で在職年金の一部減額 高齢者雇用、65歳定年制に向けて
障害年金の認定 障害年金の受給条件 障害認定日の翌月から障害年金が支給される 障害基礎年金と障害厚生年金
障害厚生年金は3級もある 妻と子に支給される障害年金の加算 障害基礎年金の特例 65歳の前日までは適用される障害年金の事後重症
障害年金の基準障害、併合改定、併合認定 障害年金の支給停止と受給権の消滅 障害厚生年金と他の給付との調整 サラリーマンの妻と学生の障害基礎年金を救済
妻の遺族年金 遺族基礎年金 寡婦年金と死亡一時金 遺族厚生年金の受給の範囲と順位
妻の死亡と遺族年金 未支給年金 遺族年金の支給停止と受給権の消滅 在職中と年金受給中の厚生年金受給の違い
遺族厚生年金に加算される中高齢寡婦加算 65歳からの経過的寡婦加算 65歳からの遺族厚生年金 遺族厚生年金と遺族共済年金
遺族年金の請求もれに注意 年金の財産分与、離婚分割 年金分割によって得た期間の扱い 年金分割の三号分割
離婚分割と三号分割の並存 遺族年金と年金分割 年金目減りの3つの原因 60歳以降も働いて給料と年金と雇用保険からの給付金の3つの収入を得る
年金の増やし方 年金を担保に融資を受けることができるか?    

<広告>

<広告>